So-net無料ブログ作成
検索選択

TROYCA三大ゴミアニメ [Anima]

アルドノア・ゼロ
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
Re:CREATORS
(そもそもこれくらいしか作っていない)

アルドノア・ゼロで唯一褒められる点は、さやわか大先生の評論文。
http://inunekomushi.blog.so-net.ne.jp/2014-08-04
http://inunekomushi.blog.so-net.ne.jp/2015-03-29
あとはすべてがゴミ。

ガンダムとナデシコを混ぜてトイレに突っ込んで、糞をかけたような内容でしかない。
でも3話までは面白い……なんてことは当然無く、1話から最終話まで徹頭徹尾つまらない。
(そもそも3話までと言い切れる意味がわからない。
 某大先生がいなくなった4話から急速につまらなくなったの?
 話が180度変わらない限りそんな現象起きないと思うけど?)
こんなゴミアニメを視聴するくらいだったら、ゴミ山に頭を突っ込んだ方がマシだと思う。

敵のスーパーロボットを、主人公が量産機を駆り、知恵を使って倒すという
コンセプト……素材自体は悪くなかったのかもしれないけど、
TROYCAの無能たちには、それを料理する腕も知能も足りなかった。
出来上がったのは、スーパーバカ 対 超天才最強主人公様。もう何がなにやら……。
(あおきえいのオリジナル作品はだいたいそう。スポンサーを騙す術には長けているのでしょう)

ちょっと擁護でもしてみましょう。

こうなってしまった原因は、たぶん仕事を投げ出していなくなった例のあの人でしょう。
あおきうんこえいは自業自得だけど、ある意味被害者。
だってufotableを無能過ぎて追放され(そんな事実は無い)、
やけくそ(Baked shit)になって自分の会社を立ち上げた、その処女作となる大切な作品の、
原案(成功したら自分のお陰、失敗したら他人のせい。
   西尾大先生も使う屑の常套手段。総監督などでも可。
   死者を冒涜するのに使われることもある)を担当した、
さやわか大先生のJAROに怒られそうな評論文で、真っ先に(戦犯として)名前を挙げられている
あの〇淵〇(鰐淵寺?)が「もっとデカイ仕事が入ったんで。じゃ!」といなくなってしまったんだから。
(そっちの仕事も途中で投げ出したみたいだけど。売れっ子は大変ね)

メインライターが抜けたんじゃ、話も滅茶苦茶になって当然。
作った本人にしか理解できないであろうバカ原案でどうしろというの?
(数十年で科学者が中世時代っぽい皇帝になるバカ原案。土台から腐っている。
 そうそう腐ってるついでにもう一つ。
 この原案を作った無能者、一度腐女子に受けたことに味を占めて、
 ホモっぽくすればいいんだ!とか思っていそうじゃない?)

……でもこの擁護には致命的な欠陥がある。
腐女子媚夫大先生(龍騎の模倣をすると自然とそうなってしまうだけかもしれない)の
支配から逃れたはずのRe:CREATORSもアルドノア・ゼロと同じくらいゴミという欠点がね。

単純な話、あおきふぁっきんえいは視聴者の事を考えていないのでしょう。
普通だったら誰か(スタッフ全員が無能な訳も……無い?)が指摘しているであろう、
〇淵、〇江、太田紫織(熱いフルネーム)の工業廃水をそのまま垂れ流している。
これは……間違いなく業界内でのパイプ作りのために嫌々やっているんでしょうね。

そうでなかったら、
あおきまざふぁっかえいのアニメ制作は、大勢の人間を巻き込んだ壮大な自慰行為でしかない。
でもそれがTROYCA作品の魅力。(最終的に褒めているからセーフ理論)



オマケ『今期面白いと思って視聴していたらヤバイ(良い意味で)アニメ』
エロマンガ先生
Re:CREATORS
サクラダリセット
月がきれい

一番上を面白いと言っている成年を見たら、人並みの知能を持っているか疑おう(天才かもしれない)。
下二つを面白いと言っている人を見たら、氷菓と櫻子とハルチカをお勧めしてあげよう。










櫻子さんの足下には死体が埋まっている - BEAUTIFUL BONES

櫻子さんの足下には死体が埋まっている - BEAUTIFUL BONES

  • 出版社/メーカー: Section 23
  • 発売日: 2017
  • メディア: Blu-ray


櫻子こぼれ話
櫻子さんの海外でのタイトルはBEAUTIFUL BONES
劣化パクられ元と比べて、自らが美しいと言っているかのようで、
ちょっとコーヒームカマタリ(渾身のギャグ)