So-net無料ブログ作成
検索選択

宣戦を布告したり、休戦したり、改めて宣戦を布告したりする [Anima]


火星の土人たちが上から落ちてくる。
鉄っぽい何かで作られた棺桶に入れられて。
オナホの頭脳プレイ()に殺されるために。

それが『アルドノア・ゼロ』。
この稚拙なおはなしを実現するために、なんか力を持ってるらしい連中が徒党を組んだ。

心の奥底に土足で踏み込もうとしては失敗する、下劣な品性を持った人のような何か、虚淵玄。
単純かつ大胆なCG表現や、カメラアングルをグルグル回してみせたりする、あおきえい。
虚淵が原作、あおきが監督をつとめた同人作品『Fate/Zero』以来、
この最強のふたりが、誰も望んでいないのに再びタッグを組む。
おえかき担当はA-1……なんとか、そしてあおき自身も参画するT……なんとか、が務める。

またキャラクター原案として志村貴子が名を連ねる。
その繊細な人物の佇まいは、残念ながらこの作品に合っていない。
さらにメカニックデザインは新鋭、I-IVが担当。残念ながら特に言うことはない。
音楽では澤野弘之が作品に重厚な趣を与えるようとしているが、残念ながら曲を流すタイミングがおかしい。

彼らが描き出すのは、退屈なアクション、穴だらけの設定、
作品信者・虚淵信者・ネット工作員たちによる内輪揉めの恐怖、
そして、制作関係者たちの金に塗れた欲望渦巻く人々のドラマだ。
それは腐れ外道共の、しかし誰も見たくない、全く新しい場外乱闘となる。

『アルドノア・ゼロ』。
この作品は、君たち視聴者に宣戦を布告したり、休戦したり、改めて宣戦を布告したりする。
君は見なければならない。見てもらわないと私にお金が入らない。




さかやわ(信頼を売って金銭を得る評論家)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0